Impinj

Speedway Connect

Speedwayコネクト ソフトウェア

Impinj社製 Speedway コネクト UHF RFID リーダーソフトウェアを使用することで、バーコードテクノロジーから移行が簡単に行えます。Speedway コネクトソフトウェアは、バーコードの読み取りポイントをRFIDテクノロジーへの移行を最小限に抑え、費用対効果を上げられます。 RFIDの経験があまりなくても容易に使用できるツールで、ビジネスを拡大するためにRFIDテクノロジーをご活用ください。


Speedway コネクトソフトウェアがImpinj社のリーダーファミリーに次のことを可能にします:

Impinj社のRFIDテクノロジーで、最小限の投資でバーコードを置換えます。

Speedway Revolution リーダーを直接制御。(リーダーを設定する使いやすいグラフィカル・ユーザー・インタフェース) 。

USB-HID、シリアルや他のフォーマットを含む、複数のデータ出力オプションで既存のアプリケーションに簡単に統合できます。

このツールを使用して簡単にRFIDを使用し、新しい捜査上の生産性を経験でき、今後のRFIDシステムで更に効率化を行うことについての発見が得られます。

Speedway Connect は Impinj社 Speedway Revolutionリーダー上で動作するソフトウェアです。Speedway ConnectソフトウェアはRFIDからEPCデータを読み取り、ミドルウェアや追加コード無しに、直接ホストコンピュータに出力します。
例えば、これはシリアル接続でRFIDのデータを必要とするアプリケーションで有効です。

以下のサイトでEPCデータをシリアルでEPCをコンピュータに出力する方法を説明しています。
https://support.impinj.com/hc/en-us/articles/202756448-Serial-Output-with-Speedway-Connect-Software-VIDEO-

例えば、Speedway RevolutionのGPIOポートからのRS232シリアル出力を コンバーターモジュールを使用して、Wiegand, RS485, CANなどに変換できます。

プログラムコードを追加することなく、Speedway Connect ソフトウェアがデータを取得します。 Speedway Connect ソフトウェアは以下のシリアル設定を使用します。
ボーレート:115,200 (Speedway Connect version 1.4で設定可)
データビット:8
パリティなし ス
トップビット:1
シリアルケーブルはNullモデル (Rx->Txおよび Tx->Rx)

Page Top

Contactお問い合わせ