NordicID

WHSmith

小売業における世界初Bluetoothローミングソリューション
WHSmith PLCはイギリス小売業のリーディングカンパニーで、主にイギリスに1,000店舗以上があります。その約半数が‘WHSmith Traveとして知られていて、新聞、雑誌、本や菓子類などを移動中の人々に販売しています。イギリスの空港や駅、病院、職場付近、高速道路サービスセンターなどの場所でWHSmithを見つけることができます。WHSmithは1年間で4000万冊以上の本と150万冊の雑誌を販売します。 2006年10月にWHSmithは無線ハンディターミナルを使用した在庫管理システムを導入しました。日々のオペレーションを効率的にすることと、在庫と補充の正確性あげるために開始しました。本と雑誌を手で数える代わりに棚に沿って読み取るだけで何がなくなっているかわかるようになりました。NordicID社のRF651とBluegigaアクセスサーバーを使用し、棚卸や値付けをせずに、顧客のニーズに応えるためにスタッフを店舗で対応できるようになりました。

Bluetooth:安全でシンプル

1,500台以上のRF651が店舗オペレーションコストとデリバリを減らす一部のサービスとし
ティに複雑な階層が必要なため、Bluetoothのセキュリティプロトコルを選択しました。

BluetoothからWi-Fiへ移植

2010年に、WHSmithはロンドンのヒースロー空港や他の英国空港のオーナーのBAA LtdとBAA空港での新聞や雑誌の独占販売権の契約をしました。取引では、すべての店舗はBluetoothではなく、BAAが提供するWi-Fiネットワークを使用する必要がありました。6年の間にWHSmithはRF651用のいくつかのプログラムを作成しました。入庫、在庫、棚卸や他の機能は小売りのビジネスモデルにあっていました。彼らの懸念はすべてのプログラムをWi-Fiベースのプログラムに書き直さなければならないということでした。それには時間とコストが掛かることを恐れていました。

Nordic IDソリューションが窮地を救う

しかしながら、その懸念をよそにNordic ID社ではBluetooth用に掛かれたRF651のプログラムを無料で変更しました。すべてのWHSmithのカスタムプログラムは他のハンディターミナル、NordicID社のMorphicのMicrosoft Windows CEプラットフォームに書き換えられました。このフリーソフトウェアのおかげで、Bluetoothベースのシステムを異なる2つのデバイスで動作することを可能にしました。これによりWHSmithはBAA社の要求を満たすWi-Fiを使用したシステムに変更ができました。WHSmithは結果に大満足でした。小売業者は既存のシステムをWi-Fiに移植することができ、NordicID社のMorphicに満足しました。この携帯電話のようなコンパクトで堅牢性のハンディターミナルは、1回の充電で1日のオペレーションを行え、明るいGUIのタッチスクリーンでアイコンを使用して簡単に操作ができます。

Page Top

Contactお問い合わせ