NordicID

Vesch!

ロシアのファッション小売業者はリアルタイムデータで20%の効率向上 Vesch!は男性用・女性用・子供用衣料品の手頃価格のロシア小売りブランドです。
Vesch!は1999年に設立し、 現在、モスクワ、ニジニノブゴロド、サンクトペテルスブルグや多くの他のロシアの街に13,000平方メートル以上のフロアスペースがあります。2008から、Vesch!は30%以上の成長と、1,000人以上の新規雇用を行ってきました。2008には、21店舗を、2009年には5つの新しいアウトレットをオープンしました。 2005年5月にスウェーデンのIKEAグループ(STK “MEGA”)がパートナーになり、ロシアのMEGAモールの各店にVesch!があります。Vesch!はロシアのアパレル市場で、最も成長の速い会社の1つです。新しいITプロセスの導入は、店舗数の増加、多様化、カスタマーサービスの改善、顧客ロイヤリティプログラムの導入など、Vesch!の成長戦略に沿って行われました。

オペレーションの近代化

Vesch!の配送センターはクロスドッキングモデル(入荷商品は倉庫に入れることなく、すぐに小売店舗に転送を行う)を取り入れています。配送センターのオペレーションを最適にするためと効率化を上げるため、Vesch!は低コスト、迅速なセットアップに移行し、機器をアップグレードすることを決めました。近代化の主な目的は、オンラインで処理することにより、文章業務と処理時間を削減することでした。

目覚ましい成果

現在、すべてのデータは直接オンラインシステムに送られ、商品と文章の処理時間が20%減少しました。NordicID社のMorphicを利用することにより、データの確認が不要になりました。また製品情報が即座に利用できるため、スタッフは他の作業をすることができるようになりました。
Vesch!のITディレクター、Alexey Neumyvakinとプロジェクトリーダーはこのソリューションに大変満足しました。「我々の配送センターは簡単にオペレーションできる倉庫です。NordicID社のMorphicが我々のニーズに最適な端末でした。新しく高い装置に投資する必要がなくなり、新しいビジネスプロセスを確立することが重要になりました。」バーコード技術がVesch!の倉庫オペレーションを加速させ、コスト削減を行えることを理解しました。「NordicID社のMorphicが我々の期待に応え、不満を言う理由が見当たらない」小型で人間工学に基づいており、かつ堅牢性も備えたこのデバイスはVesch!オペレーションセンターでの手荒な操作にも対応します。とNeumyvakinは述べました。

速くて簡単に実行

Vesch!は搬送センターのリニューアルに伴い、NordicID社のパートナーPILOT社を選択しました。選択の基準は、費用対効果、迅速なセットアップ、単純な統合でした。PILOT社のシステム専門家がNordicID社のMorphicをVesch!に推奨しました。Vesch!社は、パワフルなプロセッサ、メモリ量、Wi-Fiなどを搭載し、携帯電話のような形をしたこのサイズと軽量さとホールド感に感動しました。
Vesch!のスタッフはいつでもNordicID社のMorphicを使用できます。以前の端末では、スタッフはデータが送受信し終わるまで使用することができませんでした。しかしNordicID社のMorphicを使用することで、リモートサーバーにリアルタイムで接続され、スタッフはオンラインでシステムにアクセスできます。

Page Top

Contactお問い合わせ