NordicID

EURONICS

電子機器の巨大なEuronics Friesoytheで、Nordic ID社の在庫管理用Morphicのおかげで、顧客の前に店員を戻します。ドイツだけで2,000店舗以上、ヨーロッパに11,300店舗以上と、Euronics社はヨーロッパで2番目に大きい家電小売業者です。それぞれの店舗で何万もの商品を扱っており、在庫管理はかなり大変でした。
ドイツ ブレーメンに近い、Euronics社Friesoythe店舗で、在庫管理の時間を削減し、店員を店舗で顧客の対応に当てることを決めました。

在庫管理:時間の浪費

Euronics Friesoytheが解決しようとしていた大きな問題は、在庫管理に時間を取られすぎていることでした。小売り業者は1999年からモバイルコンピュータを使用して、在庫管理を行っていましたが、スタッフは既存の商品のマスターデータを現場で利用できていませんでした。その結果、シリアル番号は合致せず、スタッフはそれがすでにシステムに入っているかどうか見分けることができませんでした。これにより手で消し込みを行わなければならず、多大な時間を浪費していました。「我々の狙いは在庫処理をシンプルかつ迅速に正確に行うことでした」更に「特に小型の電気機器は、特に頻繁に在庫の影響をうけます。」とEuronics Friesoythe の社長であるMarkus Block氏は述べています。彼らの問題に対するソリューションを見つけるために、Euronics FriesoytheはERPシステムの供給者であるHigh Quality Software GmbH (HQS)社にコンサルティングを依頼しました。そして、HQS社はNordicID社のMorphicを推奨しました。

ERP企業はNordic IDを顧客に提案

技術部門の責任者であるDieter Wilke氏とHQS社がなぜNordicID社を選択したかについて説明しています。「我々は最新のテクノロジーを搭載し、2008年の秋時点で、既存のソフトウェアと最高にマッチするモバイルコンピュータを探し始めました。」、「Windows CE 6.0搭載で、直感的に使用でき、コストパフォーマンスに優れたNordicID社のMorphicを選択することは説得力があります。」と彼は言います。
Nordic ID社とHQS社の協力によって、プロセスを自動化するためにソフトウェアが開発されました。「我々のERPシステムとモバイルデータ端末は非常に様々な点で満足するものでした。そしてデータ転送と処理が大部分を自動的の行うことを可能にしました。」とWilkeはいいます。実際の現場でのテストオペレーション実行後、HQSはNordicID社のMorphicを彼らの顧客にも提供し始めました。

小売業で大人気!

「私が言えるのはこのデバイスが手袋のようにフィットし、すべてがスムーズに動くことです。」とEuronics Friesoythe社長のBlock氏はいいます。彼は特に人間工学とユーザビリティに感動し、「23人のすべての店員がすぐに操作方法を理解できました。」
Euronics Friesoytheのために、システムの実施は即座に行われました。すべての商品マスターデータをMorphicハンディターミナルに転送し、店員は商品の入荷時に在庫コードを入力し、既存システムに新しい在庫として自動的に入力することができるようになりました。店員は製品に関連した量を入力し、情報を入力するためにバーコードをスキャンするだけでした。それ以外の処理はすべてERPシステムが自動的に行うため、消込などを手動で行う必要がなくなり、エラーが減少しました。

高い正確性 + 時間節約 = ROI

システムにない商品がスキャンされるとNordicID社のMorphicは警告音を発します。バーコード以外でもテキスト検索も可能です。これにより手で行っていたチェックがなくなりました。また端末がクレードルに置かれると、USB経由でデータをサーバーにネットワークを介して転送されます。
即座に確認ができるおかげで、手動による時間の浪費は無くなりました。自動マッチングも在庫の正確性を向上させました。新しい在庫システムのもう一つの利点は、店舗の棚卸作業の時間削減でした。以前は棚卸作業に朝の7時から夕方の5時まで行っていました。
「3月にNordicID社のMorphicを初めて使用した時、すべての処理は既に短くなりました。」とBlock氏はいいます。続けて「ハンディターミナルをProfiSoftに接続することにより、小型電気機器の在庫管理や棚卸作業を以前より頻繁に行くことが可能になりました。」

Page Top

Contactお問い合わせ