NordicID

Container Centralen

ヨーロッパの園芸部門におけるRFID

Container Centralenのプラントと花用台車(CC Container)はNordic IDのRFIDモバイルコンピュータを利用していることで知られています。

最初の状況

Euronics Friesoytheが解決しようとしていた大きな問題は、在庫管理に時間を取られすぎていることでした。小売り業者は1999年からモバイルコンピュータを使用して、在庫管理を行っていましたが、スタッフは既存の商品のマスターデータを現場で利用できていませんでした。その結果、シリアル番号は合致せず、スタッフはそれがすでにシステムに入っているかどうか見分けることができませんでした。これにより手で消し込みを行わなければならず、多大な時間を浪費していました。「我々の狙いは在庫処理をシンプルかつ迅速に正確に行うことでした」更に「特に小型の電気機器は、特に頻繁に在庫の影響をうけます。」とEuronics Friesoythe の社長であるMarkus Block氏は述べています。彼らの問題に対するソリューションを見つけるために、Euronics FriesoytheはERPシステムの供給者であるHigh Quality Software GmbH (HQS)社にコンサルティングを依頼しました。そして、HQS社はNordicID社のMorphicを推奨しました。

ソリューション

RFIDの導入で園芸用品でのサプライチェーンの物流処理と個別のコンテナと一緒の花用台車のリンクデータを最適化します。RFIDプロジェクトによって、偽造された品質の悪い台車が台車の置き場所に混入されたりすることを防止します。

結果

今後RFIDタグはすべてのコンテナに貼られ、サプライチェーンの様々な場所で読み取る予定です。データは携帯電話システムを使用して本部に直接送信されます。RFIDハンディターミナルはIBM社のJAVAベースのソフトウェアと一緒に使用しています。

Page Top

Contactお問い合わせ