資産管理のためのIoTの可能性

06.08.2019
Blog

資産管理のためのIoTの可能性

IOTとは

「モノのインターネットは実際には非常に単純な概念です。それは、世界のすべての物理的な場所と物をインターネットに接続することを意味します」

出典:Leverage, IoT 101. An introduction to the Internet of Things, 2018

簡単に言えば、IoT(モノのインターネット)の目標は、日常品をインターネットに接続することです。インターネットは情報を保存したり送信したりするための優れたリソースであり、IoTを採用することで自動化とデジタル化の可能性はほぼ無限になります。
日常品がオンラインで情報を送受信する機能を備えている場合、それらはただの箱以上のものになります。物だけでなく、プロセスと環境全体も統合された情報の流れの一部になります。

私たちは1つか2つの主な機能しか実行できなかった初期の携帯電話から今日のスマートフォンへの進化に順応してきています。他の日常品で同じ変化を体験できるとき、世界がどのようになるか想像してください。

IOTの利点とは?

データ収集は、IoTの可能性が停止する場所ではなく、受信した情報に基づいて動作するIoTを使用するオブジェクトとプロセスの機能です。これは、消費者向けソリューションと業界向けソリューションの両方に適用でき、今後数年間で成長率がずば抜けたレベルに達すると予想されます。

ISHのレポート「IoTトレンドウォッチ2018」は、2018年に310億をこえるIoTデバイスが接続され、2025年には754億個のデバイスになると大幅な成長を予測しています。 これは実際にはどういう意味でしょうか?

IoTがますます一般的になるにつれて、スマートホーム、スマートカー、そしてリアルタイムで情報を受信し、そこから学習し、その情報に基づいて行動してフラストレーションを取り除き、時間、エネルギー、お金を節約することができる統合環境によって安心感を抱くようになります。 このアプローチをスケールアップすると、メリットがさらに明白になります。

IOTを実装する企業はこれらの利点を大規模に解放できます。

  • リアルタイム在庫管理:資産の流れをリアルタイムで制御し、戦略的な目的でリアルタイム情報を使用する機能(たとえば、売れ筋の在庫を新しい場所に移動)。
  • リスク防止・データプライバシーIoTは、より優れたリスク管理とデータセキュリティの確保に役立ちます。使用に理想的な選択肢になりますか?
  • 資産追跡:それぞれのアイテムがいつどこにあるかを知る機能。
  • 透明なサプライチェーンは、真の持続可能性を達成するための最良の方法です。IoTはリソースの正確な追跡と効率的な使用を保証し、無駄を最小限に抑えることにより運用の最適化に役立ちます。

資産管理のためのIOTの利点

現在、多くの企業が自動資産管理を採用しており、Excelスプレッドシート形式の実地棚卸に依存しなくなりました。ただし、IoTは自動化に加えてシステムをスマートにすることで、資産管理をさらに一歩進めます。情報を得るだけでなく、システムが自己修正し、予測的に行動することもできるとしたらどうでしょうか?

例えば、それぞれの資産の正確な位置と状態を把握しているだけでなく、安全性チェック、メンテナンスと修理操作、および定期的な定期点検を最適化できるとしたらどうでしょうか?
在庫管理と資産追跡が手動で時間のかかる操作でなくなった場合、どれだけ節約できますか?

デジタル化がビジネスにとって適切なステップであるかどうかについてまだ議論している場合でも、評価および自己修正を行う在庫の潜在的な利点を認めることができます。IoTを活用した資産管理によって、企業はリソースを最適化し、リスクを軽減し、リアルタイム情報を活用して効率を高め、販売サイクルをより効果的にすることができます。

要約すると、資産管理のためのIOTの主な利点は以下の通りです。

  • 生産性の向上
  • リソースのより効率的な利用
  • 販売ライフサイクルのより良い制御
  • より効率的な安全性とコンプライアンスのチェック
  • メンテナンスおよび修理作業の自動化
  • 成長機会を簡単に特定
  • レスポンシブなスマートエコシステム

IoTを採用することで最も恩恵を受ける企業が、従来の資産集約型を運営している部門であることは驚くことではありません。物流、小売、製造、機器レンタルの場合、在庫の非効率性は非常にコストがかかるため、リアルタイムの可視性と資産追跡の利点は明白です。

ソリューション

実際、2019年のForrester Consulting Surveyでは、すでにデジタル化を採用している企業に焦点を当てており、「92%の企業が、インテリジェントテクノロジーとビジネスプロセスによって収集および使用されるデータを統合するプラットフォームに高い関心を示しています」(1)

これはNordic ID Radeaが実行できることです。Radeaは、Real-Time Data on Enterprise Assets(エンタープライズ資産のリアルタイムデータ)の略で、資産管理のためのIoTの可能性を解き放つことができるクラウド型ソフトウェアプラットフォームです。動いている資産を扱っている場合、Radeaはリアルタイムの在庫と資産追跡情報を提供できます。Radeaの利点を紹介するために、よくある質問を集めました。

RADEAとは?

Radeaは、RAIN RFID、クラウド、および産業用IoTテクノロジーによって資産に関する情報を引き出し、在庫管理を自動化します。既存のシステムに統合でき、ライフサイクル全体を通して資産を管理し、販売サイクルの最適化、コスト削減、ビジネス目標の達成に役立つビジネスインテリジェンスを提供します。

RADEAの主な利点とは?

Radeaを使用すると、在庫を簡単にデジタル化し、情報にアクセスして実行可能にすることで、意思決定をより効率的に行うことができます。これはクラウドソリューションであるため、いつでもどこからでもアクセスでき、100%の在庫精度を達成するのに役立ちます。在庫切れや過剰在庫をなくし、資産がどこにあるのか、何が売れているか、何が売れていないか、販売サイクルがどれだけ速いか、アイテムの一部がメンテナンスを必要とする時期なのかなどをリアルタイムで学習します。IoTテクノロジーを使用したデジタル在庫管理の利点を活用して、リアルタイムの情報と在庫効率の向上を実現します。

RADEAがビジネスをサポートする方法?

まず第一に、Radeaは手動で時間のかかる在庫管理を置き換えることができます。これは、人的エラーを減らし、安全性を向上させ、在庫効率を達成することを意味します。1年の終わりに、在庫の大部分を失い、どこにあるかわからないというようなことはありません。また面倒な繰り返し作業をなくし、代わりに顧客に集中できるようにすることで、スタッフの時間を節約することもできます。
次に、Radeaを使用すると、新しいビジネスチャンスと詳細な分析を開放できます。在庫を完全に把握している場合は、消費者のパターンに対応するために販売戦略をより迅速に変更できます。売れ筋商品を適切な場所に移動し、売れているものと売られていないものをより迅速に発見し、必要なものだけを在庫に保存し、常に必要なものを適切なタイミングで消費者に提供できます。
最後に、Radeaは柔軟で拡張が容易で、さまざまなビジネスニーズに簡単に適応できます。問題ないように見えても特定のニーズに合わせて調整できないソリューションを見たことがありますか?Radeaは必要なものだけを選び、特定のビジネスの状況に対応するようにカスタマイズできます。

RADEAを使用する理由?

デジタル化と自動化の必要性は、ますます差し迫ったものになりつつあります。リアルタイムの在庫管理は、持続的かつ透明なサプライチェーンの実装、廃棄物の削減、および絶えず変化する小売および産業環境での利益の増加に役立ちます。
売り上げを増やしたい場合は、優れた情報が必要です。Radeaは、必要な情報を簡単かつ使いやすい方法で正確に提供できます。

出典

(1) A Forrester Consulting Thought Leadership Paper Commissioned By SAP, January 2019. Leaders Place Innovation At The Heart Of Digital Transformation.
当社や商品に関することなど、
お気軽にお問合せください。