RFIDと自動リアルタイム在庫管理が小売業のコストを劇的に削減する5つの方法

24.09.2018
Blog

RFIDと自動リアルタイム在庫管理が小売業のコストを劇的に削減する5つの方法

RFIDがどのようにリアルタイム在庫管理を行うか。

企業の小売担当者の大部分(87%)は、収益の損失は盗難(13%)よりも不正確な在庫により多くの原因があると報告しています。問題の大きさは明らかで、調査回答者のほぼすべて(99%)が、一定の在庫問題を抱えています。

出典:Bossa Nova Survey, February 2019

RFIDテクノロジーは、非常に高速かつ正確に追跡できるため、アイテム追跡システムとして従来のバーコードから急速に置き換えられています。Auburn大学の調査によると、小売業者の96%がアパレル商品にRFIDタグを実装することを計画していました。RFIDが増加していることは間違いなく、この記事では、RFIDがリアルタイム在庫を作成し、企業が時間とお金を節約できるようにする実用的な方法に関するものです。

RFIDの基本説明

ビジネスでRAIN RFIDを使用する場合、在庫または資産プールのすべてのアイテムには、無線周波数を使用して機能する小さな物理タグを付けます。

タグには、各製品に関する情報が格納されます。アイテムがどこにあるのか、また誰が持っているのかを正確に伝えることができ、生産履歴やメンテナンス履歴全体を知ることもできます。遠くからタグを読んで、すぐに正確な数量を取得したり、エリア内のアイテムに関することを学ぶことができます。一列にすることは不要で、一度にばらばらにある数百のタグを読み取ることができます。
幸いなことに、RFIDはこれまでになく簡単かつ安価に設置でき、小売業のコストを削減する方法を示す研究が行われています。この記事では、RFIDが小売業界にもたらす実用的なコスト削減のメリットを紹介します。

自動インベントリ(リアルタイムインベントリ)

RFIDを使用すると、在庫は99%正確でわずかな時間で行えます。過去、在庫管理は商品ごとに行われていました。小売業で働いている方なら、それがどれほど大変なものであるかを知っているでしょう。バーコードでの在庫管理は正確性に欠けており、また従業員が多くの時間をかける場合があります。

歴史的に、小売業者は年2回在庫評価を実施しています。ただし、在庫記録の精度は、毎週2%~3%低下した非効率なデータに基づいて1~2か月後に商品化の決定が下されます。

大手ファッション小売業者Zaraはかなりの在庫プロセスを合理化するためにRFIDを導入しました。店長のグラシエラマーティンは、マドリードの小売業者最大の店舗の1つで在庫を管理することについて、次のように言いました。

「チップが導入される前は、従業員はバーコードを1つずつスキャンする必要があり、店舗全体の在庫管理は6か月に1回実行していました。チップは時間を節約するため、Zaraは6週間ごとにインベントリを実行し、どのファッションがよく売れているか、どのスタイルがそうでないかをより正確に把握します。」

RFIDテクノロジーを使用すると、わずかな時間で店舗全体の在庫をスキャンし、すべてのアイテムを正確にカウントできます。例えば、10,000個のバーコード読み取りには53時間かかりますが、RFIDを使用すると2時間しかかかりません。
RFIDを使用すると、在庫状況を知ることで店舗が数えきれない利益を得られるようになり、顧客を接客するためにスタッフが解放されます。

最後の商品まで販売

従来のバーコードでは、配送中のものを正確に伝える情報とともに配送センターから配送を受け取ります。報告された内容が完全に正確ではないことはよくあります。

出荷における多少のミスは大した問題ではないかもしれませんが、これは時間の経過とともに増加し、最終的にPOS残高は実際の残高を反映しません。在庫の正確性がすべてであるため、小売業者の40%が在庫管理を店舗のテクノロジー投資のトップとしてランク付けしています。

主な問題は、適切なタイミングで注文を補充できず、売り上げを失うことです。顧客が購入したい商品が不足し始めたとき、POSが正確ではないため、それがいつ発生するか分からず準備ができません。顧客はそこでほしいものを得ることができない場合、一般的にどこか他の場所に行きます。

在庫切れによる潜在的な損失は、小売業者で3.4%、サプライヤーで2.6%です。例えば、100億円の小売業者は、在庫切れの状況だけで年間3.4億円を失う可能性があります。

RFIDシステムを使用すると、在庫品のリアルタイム情報が常に表示されるため、最後の商品まで自信を持って販売し、いつ再注文するかを正確に予測できます。

過剰在庫

99%の正確な在庫数で、既存の備蓄を減らすことができます。バーコードを使用すると、POSが常に少し違っていることが多いため、商品が不足するだけでなく、販売していないものも過剰に在庫していることがわかります。

RFIDを使用すると、在庫値を約15~20%削減でき、大企業の場合、これは毎年文字通り数億円になります。

複数のチャネルに対して1つのインベントリ

過去には、在庫数を正確に知ることができなかったため、利用可能な在庫に安全マージンを設定する必要がありました。これにより、個別に在庫が必要になるという問題が発生します。

オンラインストアと伝統的な従来型店舗を持っている小売業者の例を見てください。何かが実際の製造現場で売られていて、もしその会社がその同じ商品をオンラインで売ろうとしているとしていた場合、バーコードを使用すると、オンライン在庫と従来型店舗の在庫は分離され、同期されません。

RFIDがなければ、そのアイテムの販売はシステムに自動的に登録されず、最終的に誰かが手動で在庫管理を実行するまで、そのアイテムはオンラインで販売されます。

基本的に2つの複雑な在庫設定があると、常に在庫がなくなったり、また常に在庫過剰になったりします。調査によると米国製人の75%は昨年、店頭で在庫切れに陥り、そのうち3人に1人が小売業者を非難し、別の場所で商品を購入しています。

在庫が1つのRFIDシステムに同期される場合、このような状況を回避できます。RFIDを使用すると、さまざまな場所からのすべての在庫がリアルタイムで同期されます。
物理的な店舗の棚で何かが売れると、自動的に通知され、オンライン在庫にその売上げが反映されます。インスタントピックリストは従業員に公開されるため、常に最優先事項を把握できます。
一方、顧客は、「クリックアンドコレクト」することもできます。つまり、オンラインで購入し、従来型店舗で入手することができます。

工場から直接商品を調達

これは、特に伝統的に流通センターに依存しているブランド所有者に関連しています。いままでの積荷が配送センターに戻って列を作る傾向があるという事実に精通しており、これがどれだけの時間とお金を浪費するかを知っています。

RFIDを使用すると、工場で生産されている商品の数を正確にすることができます。商品は、組立ラインから直接出荷し、特定の販売場所に持ち込むことができます。すべての商品と荷物にはRFIDタグが付いているため、商品は配送センターを介して自動的に再ルーティングされるため、遅延時間によるリソースの浪費を心配する必要がなくなります。

RFIDが小売業において、時間とコストを直接節約する実用的な方法が複数あります。
肝心なことは、すべてがどこにどれだけあるかを即座に知ることができるため、すべての在庫関連プロセスを大幅に制御できるということです。

これは、コストを削減するだけでなく、顧客により良いサービスを提供し、より多くの販売を可能にします。

シェン・ヒーローのシステム/サービスで問題解決ができます。

当社や商品に関することなど、
お気軽にお問合せください。