サーキュラーエコノミーと在庫精度:持続可能なサプライチェーンの陰陽

19.11.2019
Article

サーキュラーエコノミーと在庫精度

サーキュラーエコノミー(循環経済)とは?

「結局、『circularity』という用語は、テクノロジーと自然だけでなく人々を含む、より包括的で統合された回復可能な持続可能性の道が必要であることを認識させるための1つの方法にすぎないかもしれません」

Michiel Schwarz, A Sustainist Lexicon, 2016

近年、サステナビリティ(持続可能性)の議論を新しいパラダイムが引き継ぎました。サーキュラーエコノミー(循環経済)は、政府のレポート、会社のポリシー、およびTwitterのハッシュタグに現れる流行語です。しかし、サーキュラーエコノミー(循環経済)とは何であり、なぜそれが世界中の企業や個人にとって重要なのでしょうか?

サーキュラーエコノミー(循環経済)は、いわゆる3つのRの実装に基づく経済モデルです。削減、再利用、およびリサイクル。これは、これまで行ってきたように世界の資源を無駄に使い続けることができないという認識に基づいており、環境と社会の持続可能性のサポートに焦点を当てています。

Kircherr et al. (2017)循環経済を「生産終了/流通」の概念を、生産/流通および消費プロセスにおける材料の削減、代替、再利用、およびリサイクル・・・略・・・に置き換えるビジネスモデルに基づく経済システムと定義します。 ・・・略・・・、環境の質、経済的繁栄、社会的平等の創出を意味する持続可能な開発を達成することを目的として、また現在および将来の世代のために[1](1)。

世界の人口の1/4が天然資源の3/4以上を消費していることをご存知ですか?

天然資源の消費速度が低下するのではなく加速するため、[2]より持続可能な方法で商品の製造と流通に取り組む必要があります。さらに、消費者は、資源の浪費、有害な化学物質、および非倫理的な労働慣行の影響をますます認識しています。

正しいことをすることは、生態学的および財政的観点の両方から良い動きです。汚染を最小限に抑え、天然資源を保護しながら、持続可能性を競争上の優位性にすることができます。

循環経済パラダイムをサプライチェーンに適用することの利点と課題は何ですか?それらは在庫管理とどのように関係していますか?

循環型サプライチェーンを展開するために在庫精度が必要な理由

まず第一に、商品を製造するか他のビジネスに供給するかに関わらず、在庫の正確さに苦労する可能性があります。

ビジネスを循環させるには、各商品がいつどこにあるかを知ることが不可欠です。在庫の精度と循環経済は補完的で、一方がなければ他方はありえません。在庫の各商品がどこにあるかわからない場合、ライフサイクルの持続可能性を実装できません。

在庫過剰や在庫切れが発生するため、保管スペースの使用効率が低下し、交通機関が過剰に使用され、販売サイクルの効率が低下するだけでなく、資源の浪費につながります。

在庫内のすべての商品を追跡した場合、次のことができます。

  • 在庫数がわからない状況を避け、顧客の要求にタイムリーに応答して販売できないリスクを回避します。
  • 物流の最適化実際のニーズに基づいて商品を輸送し、企業の二酸化炭素排出量を削減します。
  • 製品のライフサイクルの完全な概要を把握し、無駄と余剰を回避できるようにします。例えば、在庫品が予定された寿命に近づいており、交換が必要になったときに、すぐに補充したり、アラートを受信したりできます。
  • 高価な予期しないものを排除急速に移動し頻繁に新しい商品が更新される大きな在庫がある場合、会計年度の終わりに、場所がわからず、膨大な損失記録を余儀なくされ、予測利益に影響するかもしれません。
  • グリーンサプライチェーンマネジメントの実践を実装およびサポートGSCMは環境の持続可能性に取り組み、サプライチェーン全体で廃棄物、二酸化炭素排出量、エネルギー使用量を削減したいと考えています。グリーンサプライチェーンマネジメントの実装は、運用パフォーマンスと環境パフォーマンスの両方を改善することが証明されています。

結論として、資源の再利用とリサイクルを促進し廃棄物を制限するには、在庫の正確さが必要です。

在庫の精度がなければ、サプライチェーンを変換して無駄を避けることはできません

さらに、費用の掛かる過剰在庫や在庫切れのリスクがあります。実際、循環資産管理は損失を削減し、より透明なサプライチェーンを確立する方法です。

循環性が要件になると、リアルタイムの商品追跡と在庫効率の重要性がさらに明確になります。企業は、製品のライフサイクルを延長するために、顧客が返品したり補充や修理したりすることができる古い商品をサプライチェーンに再統合し始めました。

循環型サプライチェーンに移行する場合、在庫の正確性も実装して、無駄が発生しないようにする必要があります。在庫の精度は古い商品がどの程度、新製品で再利用されたかを顧客に伝えるイニシアチブをサポートすることもできます。さらに、企業の環境への取り組みと持続可能性の規制へのコンプライアンスを正確に測定できます。

各商品の場所がわかっている場合は、程度が低いエコ洗浄以上のグリーンサプライチェーンを展開できます。利害関係者、パートナー、スタッフ、顧客に対して、より持続可能な世界に貢献するために可能なすべてのことを行っていることを保証できます。

リアルタイム在庫精度を達成する方法

RFIDテクノロジーを使用すると、リアルタイムの在庫精度が可能になります。RFIDまたは無線識別により、各商品はどこでもリアルタイムで追跡可能になります。RFIDを使用すると、100%の在庫精度が可能です。つまり、在庫を見失うことは決してなく、ライフサイクル中に各商品を追跡することができます。

どのような仕組みですか?RFIDを実装する場合、各製品には小さなタグがあり無線のおかげで遠くから読むことができます。バーコードとは異なり、複数の商品を同時により広い範囲でスキャンできます。

これによって、はるかに高速で正確な結果が得られます。数日または数週間ではなく、数時間または一瞬で在庫全体をスキャンできる場合、在庫集計をより頻繁に実行し、どの商品がよく売れていてどれが売れていないかをリアルタイムで把握できます。

頻繁に在庫を数えることで、間違いや商品の紛失も減少します。年に1度または2年に1度だけ在庫集計を実行する場合、何千もの商品が紛失し、それらがどこにあるのか、永久に紛失になるのか分からない可能性があります頻繁に在庫情報を得ることは、商品の集計の不正確さを減らすのにも役立ちます。

実際、従業員が商品を個別にスキャンする必要がなくなるため、RFIDは商品の紛失や人為的エラーの可能性を減らします。

さらに、在庫管理を高速化および自動化することで、従業員は顧客とそのニーズなどの本当に重要なことに集中する時間も確保できます。例えば、従業員が顧客が希望する商品の好みのサイズと色の在庫があるかどうかをすぐに顧客に伝え、棚上の正確な位置を見つけることができる店を想像してください。

在庫の精度は、販売戦略の最適化にも役立ちます

どの商品がどこからいつ店を出るかを正確に把握していれば、複数の店で在庫を簡単に最適化できます。例えば、別の場所で最も売れているものに対して商品を移動でき、サプライチェーン全体を制御できる場合、需要のあるものだけを生産できます。

この文章のRFIDの事例は、2014年にRFIDを広く採用した、市場最大の小売業者の1つであるZaraによって強調されました。リアルタイム在庫管理と資産追跡が2つの最大の利点として報告されました。実際、RFIDの採用によって商品を簡単に補充し、ベストセラーを完全に把握することが可能になりました。従業員は顧客が探している商品を簡単に見つけ、販売された商品を補充することができ、顧客が欲しいものを見つけられないというリスクを回避できます。

「各衣服がどこにあるかを正確に知ることで、優れた可視性が得られます。店舗の運営方法が確実に変わります。」

Pablo Isla, CEO, Indetex

したがって、RFIDはリアルタイムで在庫精度を達成し、シームレスな在庫管理を保証するための最良のソリューションですが、顧客体験を改善し、売上を伸ばす可能性もあります。

循環サプライチェーンにおけるRFIDの可能性は、在庫の精度に限定されません

例えば、McKinseyのSustainability&Resource Productivity PracticeのグローバルリーダーであるMartin Stuchteyは、「循環経済に関する質問と回答」(2013)で、マテリアルを識別し、マテリアルフローの透明性を確保するためのRFIDの役割を強調しました。

RFIDは、サプライチェーンの透明性をサポートし、各ライフサイクルの段階ですべてが追跡可能で、可視化され、識別しやすいようにします。

進行中の気候変動危機に対処する時間が足りなくなり、より多くの企業が持続可能性と透明なサプライチェーンへのコミットメントを誓うにつれて、RFIDの役割は増す一方です。

実際、世界中の69%の小売業者がRFIDをかなりの割合で採用していると報告しており、採用率は過去数年で着実に増加しています(3)。

出典

(1) Kirchherr, J., Piscicelli, L., Bour, R., Kostense-Smit, E., Muller, J., Huibrechtse-Truijens, A., Hekkert, M., 2018. Barriers to the Circular Economy: Evidence From the European Union (EU). Ecological Economics 150, 264–272. [2]

(2) IRP (2017). Assessing global resource use: A systems approach to resource efficiency and pollution reduction. Bringezu, S., Ramaswami, A., Schandl, H., O’Brien, M., Pelton, R., Acquatella, J., Ayuk, E., Chiu, A.,Flanegin, R., Fry, J., Giljum, S., Hashimoto, S., Hellweg, S., Hosking, K., Hu, Y., Lenzen, M., Lieber, M., Lutter, S., Miatto, A., Singh Nagpure, A., Obersteiner, M., van Oers, L., Pfister, S., Pichler, P., Russell, A., Spini, L., Tanikawa, H., van der Voet, E., Weisz, H., West, J., Wiijkman, A., Zhu, B., Zivy, R. A Report of the International Resource Panel. United Nations Environment Programme. Nairobi, Kenya.

(3) Accenture Strategy, Transforming Modern Retail, 2018.

シェン・ヒーローのシステム/サービスでサステナビリティを実現できます。

当社や商品に関することなど、
お気軽にお問合せください。