RFIDがビジネスをより持続可能にする方法

15.04.2019
Blog

RFIDがビジネスをより持続可能にする方法

サステナビリティが重要な理由

RFIDとサステナビリティについて話す必要があります。地球温暖化のリスクと工業化の環境への影響を認識するようになり、我々が将来の世代のためにも、地球が健在であり続けたいという願いに団結しています。

2018年10月に発表されたIPCC Fifth Assessment Reportでは、世界中の何百万人もの人々の地球環境をかろうじて守ることができる世界の平均気温上昇を1.5℃に制限するためには、12年しか残っていないとして、各国政府に行動するように呼びかけました。

地球温暖化は複雑な現象ですが、科学者は世界の人口と環境への悪影響に同意しており、二酸化炭素と他の温室効果ガスの排出と地球温度の上昇との関係は論争を越えて証明されています。

世界中の政府や組織が炭素排出量の削減に取り組んでおり、都市が先導していることは驚くことではありません。

企業がより持続可能なものになり、気候変動との戦いに貢献したい場合、RFIDはどのように役立ちますか?

RFIDがサステナビリティへの取り組みにどのようにサポートできるか


RFIDはグリーンサプライチェーンマネージメント管理方式をサポートできます。

「GSCMプラクティスを実装する企業は、コスト削減(材料の節約、エネルギーと水の使用量の削減)、公共イメージの向上、環境債務軽減の恩恵を受けました」

Chin, Thoo & Sulaiman, Zuraidah & Huam, Tat & Norfatin Liana Muhamad Zainon, Siti.(2015)

RFIDが環境サステナビリティを向上させる主な方法は、グリーンサプライチェーン管理の実践をサポートおよび強化する可能性があるためです。GSCMは、サプライチェーン全体で廃棄物、排出量、エネルギー使用量を削減することを目的としており、政府と顧客の両方からの圧力に対応するために実施され、より厳しい環境への取り組みを求めています。


資源の浪費と過剰生産に対処したい願望は、Nordic IDの哲学のコアでありThe Right Amount Tourの背景にある主な動機です。


「企業は、消費者の行動の変化と、環境の状態に対する個人の意識の高まりに対応する必要があります。これは、ビジネスと直接相関しているためです。」

Juha Reima, CEO, Nordic ID

適切なタイミングで適切な場所に適切な量の製品を用意することで、天然資源の無駄を減らし、ビジネスの環境への影響を最小限に抑えることができます。

消費者は過剰生産や衣服繊維廃棄物を許容できない失敗としてますます見ており、これは小売業界では特に当てはまります。例えば、バーバリーは売れ残った商品の焼却を止め、代わりにすべての売れなかった製品の再利用、修理、寄付、またはリサイクルを開始する決定を発表しました。Asosのようなオンライン小売業者でさえ、毎年40億ポンド(5,600億円、1ポンド140円で計算)返品と過剰在庫の財務および環境コストに対応し始めています。

さらに、GSCMを実装することの利点は明確であり、研究では環境パフォーマンスの向上と株価の大幅な上昇を関連付けています[1]。

これに加えて、GSCMの実装は環境、経済、運用、および組織のパフォーマンスにプラスの影響を与えることが実証されており[2]、RFIDは運用および組織のパフォーマンスにも同様にプラスの効果をもたらします[3]。

RFIDの主な利点

「…RFIDテクノロジーを使用する利点は、管理者がGSCMプラクティスをより適切に実装できるようになり、環境パフォーマンスも向上するはずです」

Green, Zelbst, Sower & Bellah (2016)

RFID搭載システムに依存する最大の利点は、リアルタイム情報です。RFIDベースのシステムは、タグに埋め込まれた情報を電波を介してリーダーに送信し、そこからオンラインデータベースに送信します。
これは情報の流れを速く確実にし、製造業者および資産管理会社のための必須の選択になります。サプライチェーンは複雑なエコシステムであり、正確なリアルタイムデータへのアクセスがサステナビリティポリシーを成功させるための重要な条件の1つであることは驚くことではありません。

RFIDは、ビジネスの削減に役立ちます。

  • 保管スペースの使用
  • 欠品製品
  • 輸送、および関連するCO2排出量

以下を最適化できます。

  • 在庫レベル
  • 顧客満足度
  • 販売サイクル、請求書発行の迅速化

情報への正確で高速なアクセスは、以下のことをもたらします。

  • 内部プロセスとシステムの最適化
  • KPIとレポートの改善し、顧客および株主と共有
  • 再利用、リサイクル、廃棄物削減の機会を特定
  • 上流と下流でアイテムフローとサプライチェーンライフサイクルを完全に把握

その結果、RFIDを導入すると、持続可能な業績が直接的および間接的に改善されます。一方では、過剰在庫と不必要な輸送の削減は、炭素排出の非常に具体的な削減と資源の最適化をもたらします。
その一方では、リアルタイム情報へのアクセスは、組織が内部プロセスとサプライチェーンフローをより正確に評価し、確実なリアルタイムデータに依存することで両方を最適化できることを意味します。
RFIDの利用は世界中で拡大しており、アメリカの新しい小売業者で2015から2016にかけて32%増加し、ほとんどの大手小売業者が100%のカバレッジに移行する予定です。 業界が成長するにつれて、高度なレポート機能とリアルタイム在庫を提供することを意図した持続可能な実践とソリューションの需要も高まっています。

Sources

[1] G. Flammer, Corporate Social Responsibility and Shareholder Reaction: The Environmental Awareness of Investors. Academy of Management Journal, 56(2013) 758-781.
[2] Chin, Thoo & Sulaiman, Zuraidah & Huam, Tat & Norfatin Liana Muhamad Zainon, Siti. (2015). “Green Supply Chain Management Practices and Sustainability Performance”. Advanced Science Letters.
[3] Zelbst PJ, Green Jr., KW, VE Sower, Reyes P. 2012. Impact of RFID utilization on manufacturing effectiveness and efficiency. Int J Oper Prod Manage,32(3):329–350.
[4] Kenneth W. Green Jr., Pamela J. Zelbst, Victor E. Sower & Jeremy C. Bellah (2016): Impact of Radio Frequency Identification Technology on Environmental Sustainability, Journal of Computer Information Systems.
[5] 2016 State of RFID Adoption Among U.S. Apparel Retailers Bill C. Hardgrave, Justin Patton. Auburn University, RFID Lab.
当社や商品に関することなど、
お気軽にお問合せください。