RFIDが資産貯蔵と商品レンタルビジネスで費用削減する方法

11.01.2019
Blog

RFIDが資産貯蔵と商品レンタルビジネスで費用削減する方法

常にすべてがどこにあるかを知る

資産プーリング業界がRFIDから得る最大の利点は、貴重な資産の完全な透明性です。すべてがどこにあるかを瞬時に知ると、高価な機器がある場所をすばやく正確に計上することができます。

洗浄または保守する必要のあるものを即座に把握することができ、安全ですぐに使用できる機器を一貫してレンタルできます。

RFIDの基本説明

ビジネスでRFIDを使用する場合、在庫または資産プールのすべてのアイテムには、無線を使用して機能する小さな物理タグがあります。タグには、各製品について知る必要があるすべての情報が格納されます。アイテムがどこにあるのか、誰が持っているのかを正確に伝え、メンテナンス履歴全体を知ることもできます。

遠くからタグを読みとって、すぐに正確な数量を取得したり、エリア内のアイテムに関する情報を知ることができます。一列に並べることは必要なく、一度に数百のタグを読み取ることができます。

RFIDシステムがレンタルまたは資産プールのビジネスに役立つ5つの方法を示します。

適切なアイテムの流通

大規模な建設会社の例を見てみましょう。特定の建設現場に5つか6つのリフトが置かれているのは珍しいことではありませんが、実際に使用されているのはそのうち2つか3つだけです。この会社はRFIDを使用して、必要な場所に機械を簡単に割り当てることができます。

このテクノロジーは、使用されていない機械を検出し、別の場所で在庫が不足していることを自動的に報告できます。これは非常に基本的なことですが、RFIDがなければこの会社は手動でレポート作成をすることになります。

一方、RFIDを使用すると在庫は99%正確で、わずかな時間で行えます。これは物がどこにあり、どこで必要であるかを常に把握できることを意味します。

結論として1日の終わりにレンタル会社や資産供給会社は、適切なタイミングで適切な場所にリソースを割り当てるだけで、莫大なお金を節約できます。

迅速な請求サイクル

いつ、どこに何が到着したかを正確に把握できるようになったため、潜在的に異なる資産プールに対して手動で行うシステムログを待つ必要がなくなりました。

タイムラグがなくなったので、手動で記録されるのを待っている間、顧客にすぐに請求することができリソースを失うことはありません。

メンテナンスログに即座にアクセス

例えば、数を数えて検査する必要のある救命胴衣や、半年ごとの防火処理を必要としているシャツを持っているかもしれません。すべてのアイテムを物理的に検索する必要はなくなりましたが、RFIDシステムを使用してすべてのアイテムの完全なメンテナンスと履歴を自動的に読み取ってレポートすることができます。

プール内のすべての資産が適切に維持されていることを確信できるため流通する機器の安全性と品質が向上します。

無人レンタルステーション

すべてのアイテムにタグが付けられたので、完全に独立したフルサービスのレンタルステーションを持つことができます。資産の状態について報告し、誰がいつ何をするのかを追跡し、必要に応じてすべてがメンテナンスできるようにします。

例えば、自動車工場で従業員が仕事をするには特別な服装と設備が必要だとしましょう。

無人レンタルステーションを使用すると、従業員は必要なときに必要なものを自動的に取得し、アイテムの状態を報告して各アイテムの履歴を保存できます。

これによって、物の洗浄、交換、修理が必要な時期を正確に把握しています。このようなシステムにより、従業員の満足度が向上し、メンテナンスとチェックのコストが節約されます。

エラーの少ない入庫と配送の高速化

何かを出荷する前に、付属品がすべて含まれていることを確認する必要があります。消防車が任務のために出動する前に、RFIDシステムが自動的にそれをスキャンして、すべての機器が搭載されていることを確認できます。

イベント用にオーディオ機器をレンタルするとします。RFIDを使用して大規模なコンサートのPAシステムを送る前に、必要なすべてのケーブルと接続デバイスがすでにあることを即座に確認できます。

スピーカーが置き忘れていないこと、および発送するすべてのものが適切に維持され、正常に機能していることを確認できます。レンタルしたものはすべて、その状態が正確に記録され必ず返されるようにします。

ウォールストリートジャーナルに掲載された記事によると、デルタ航空はRFIDソリューションを実装しました。同社は、以前は757の酸素発生器の有効期限を確認するのに8人で1時間かかっていましたが、現在は2分もかからずにプロセスを完了できると報告しました。

過去には、人為的ミスのために部品を忘れがちで、時折何かの保守履歴を見落としたり、欠陥のある部品を貨物に忍び込ませたりすることもありました。結論として、RFIDを使用するとこれらの時間と費用のかかる要因が即座に処理され、常に適切な商品を適切なタイミングで発送できることになります。

材料の透明性

製造会社は多くの場合、特定の材料の量を正確に知る必要があります。必要なときに手元にないことはコストがかかる可能性があるため、適切なタイミングで十分な材料を確保する必要があります。再利用可能なコンテナは、このいい例です。

生ビール樽は、再利用可能なRTIコンテナと見なされます。つまり、ビール醸造所からパブへ、そして再びビール醸造所へと循環します。このようなのプロセスが手動の場合、物が待ち行列に入ったり、地下室で停滞したり、メンテナンスを逃したりするのに多大な時間がかかる想像できます。

ある醸造所で10個の樽が受け取られるのを待っているとします。RFIDを使用すると、工場は次の出荷に十分な樽を常に確保できます。これは、樽をいつ受け取ることができるかを即座に把握できるためです。コンテナの使用済みサイクル数を簡単に判断し、交換、改修、再利用の時期を判断できます。

RFIDテクノロジーのおかげで、すべてがどこにあるのか、どの状態にあるのか、次にどこに行く必要があるのかがわかります。在庫管理と商品の流れを習得すると、顧客や従業員のニーズをよりよく満たしながら、お金と時間を節約できるようになります。

シェン・ヒーローはバーコードおよびRFIDのスペシャリストです。

当社や商品に関することなど、
お気軽にお問合せください。